祝電を送るなら

祝電でおくるのももらうのも、うれしいですよね(←についてはココ)
うれしいことを文字と一緒にプレゼントもおくることでさらに
喜びの気持がひろがっていくのではないかと思います
私は息子の大学受験で、第一志望校に合格したときに友人から
素敵なブリザーブドフラワーと一緒に電報をもらい、電報ってこんなにも
素敵なんだと感動しました
ですから、友人の子が同じように、志望校に合格したら
私もバルーンなどのプレゼントと一緒に電報を送ってあげたいと思います
言葉もうれしいですけどプレゼントがあったほうがより、うれしい記憶として
頭に残る気がするのです
写真もとったり、家族での話題が広がったりして楽しい気持になるような感じが
します
ですから、プレゼントつきはいいですよね